* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2007.10.27 → ハネムーン?
温かい屋内でベッドに寝ることができる有難さを噛み締めながら起床。
本日は昨日行けなかったカンヌと、エクサンプロヴァンス、アヴィニョンへ。


画像 070

実は日本から飛び立って以降、胃薬を飲んでおりました。
すぐ胃にくるんですよ。
でも常備薬はちょこっとしか手荷物に入れておらず、残りをスーツケースにいれてきてるので
この日の朝に飲んだのが最後の胃薬となりました。

って、その割にはよく食べるなおい。と思われるかもしれませんが
相方と二人分のパンですから。
でもどこにいってもパン、特にクロワッサンはおいしかったなー。

さて、ホテルを後にしてこの日まず向かったのが空港。
パリから私たちの荷物が届いていないかを空港に行って確認したわけです。
画像 072

全員の期待を背負って添乗員さんと現地ガイドさんが乗り込みましたが
残念なことに届いておらず。
それどころか ストが続いている為に パリで何万個という荷物が山積みになっているとか。
下手したらこれは旅行の間出てこないかも知れんな・・・という雰囲気に。


それでも観光は続きます。
昨日行けなかったカンヌ。
カンヌ映画祭がおこなわれる「パレ・デ・フェスティバル」の外観を見学し
そしてそのまま再び買い物ツアーへw
これからどんどん北に向かい田舎になっていくのでここで買いだめしようということでした。

常備薬をスーツケースにいれてきてしまった人、結構たくさんいて
現地ガイドさんと一緒に薬局に行き目的の薬を通訳してもらって購入。
私も一応胃薬買っておきました。
現地ガイドさんが自宅から 自前の薬(大田胃酸とかw)をいくつかもってきてくれていたんだけど
私は数使うので自分用で買っておいたほうがいいと判断。
全部手荷物に入れてきたらよかったなあ。

お店を移動して化粧品やらコートなどの防寒着を買ったり、もしこのまま荷物が出なかったら
帰りに荷物を詰めるスーツケースがないと困る と安いスーツケースを買う人も。
ここはKIDS服を取り扱っていたので私も買いだめできました。
サイズは12、13、14とかしか書いてなくて 12=120cmか?という恐ろしく安易な考えで
選んでいきましたw
みんなでたくさん買い込むもんだからレジが大混雑。

ツアー客のなかでも一番最後に並んでしまったので、私たちが最後かなぁと思っていたら
1品 値札が付いていないものがあり清算がストップ。
一人の店員さんが値札を確認しにいったまま なっかなか帰ってこず。
フランスの人って、超マイペース??
あっという間に集合時間を10分15分と過ぎていき「さすがにやばいね」と話していたところ
添乗員さんが心配して迎えに来てくれました。
無事清算も済み、さあバスへ戻ろうと歩き出したのですが
予定していた場所にバスがおらず。

そのまま20分近く添乗員さんと私たちでカンヌの街を走り回りました。
添乗員さん、バスにケイタイを忘れてきてるしお店で電話を借りても通じないとかで
とりあえず最初の場所に戻ったところ
私たちが探していた方向の真逆にバスいるじゃん・・・・ il||li _| ̄|● il||li

他のツアー客に平謝りして乗り込み
出発時間を予定より40分近くすぎて、お昼ご飯の場所へ向かいます。
お昼の予約時間も過ぎてしまうために店主がかなり激怒してるとかで
ガイドさんが必死に通訳して説得してました。

ああ、トラブルって続くよね・・・・


このままツアー客全員がお昼ごはんを食べ損ねたらどうしようとドキドキしながらも
なんとか間に合って昼食にありつけました。
昼はエクサンプロヴァンス、ミラボー通りにあるお店。
この地方はロゼがおいしいとかで、旅行で初めてお酒を頼みました。
きれいでしょう。すんごい飲みやすくておいしかった。
画像 073

いつも通りサラダが出て
画像 074

メインは七面鳥の煮込み。
これが絶品。おいしかった。お肉がホロホロと柔らかいの。
圧力鍋で煮たのかな。
画像 075

リンゴのタルトで〆。
画像 077


ちょこっと自由時間がありミラボー通りで土曜市を散策。
革製品とか筆記用具とかかわいい小物も売られていました。
画像 079

移動式遊園地。
どこにいってもあったなぁ。
画像 081



このあと、画家セザンヌのアトリエへ。
画像 083

すんません、実はこの人よく知りません。
ゴッホやゴーギャンと同期の画家さんだそうです。
画像 085

他の日本人ツアーと遭遇した場所ですw
アトリエの中は写真撮っちゃダメでした。
小さい家なんだけどすんごく大きい窓があって見晴らしが良くてかわいい家でした。
目に見えたものをそのまま模写するのではなく、
画家として見えたものを見えたように描きあらしていいんだと示した人・・・だったけな?
誰が見ても赤いリンゴにしか見えないけど、
セザンヌは描くときにそれを感覚としてオレンジ色に捉えオレンジ色のリンゴを描きあげる みたいなw
一生懸命説明してくれたのにうろ覚えさ・・・


続いて、アヴィニョン 世界遺産の法王庁宮殿へ。
画像 086

7人の法王が暮らしたそうです。
左の塔の先に、金色の法王が立ってます(笑)
中身はとにかく広くて何にもない。フランス革命のときに壊されたり持ち去られたりしたんだって。
でも全部廻るだけも結構かかったなー。
たくさんある部屋のうちのひとつ。天井高っ。
画像 090



この夜はアルルで1泊。
オニオンスープが出たあと、豚肉の香草焼き。
画像 093

ベリーのケーキにカスタードソース。
画像 095

おいしゅうございました。

このあたりからデジカメの電池残量を気にし始めます。
なんたってデジカメの充電器もスーツケースの中ですから。
フランスで買おうにも買う場所がない。
この機種の充電器をフランスでも取り扱っているのか。
もし購入できたとしても電圧が違うし。
ご飯記録を取りやめようかとも思いましたが、とりあえず電池が持つところまで撮影してみて
ダメならケイタイと使い捨てカメラに頼ることに。

スポンサーサイト
13:52 *** 行ったとこ | Trackback(0) | Comment(0) | Top
<<ハネムーン? | Home | ハネムーン?>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://maimais.blog8.fc2.com/tb.php/1080-23250ff7
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。